iPhoneのモデルチェンジ

iPhoneは2年毎にフルモデルチェンジ、間にマイナーチェンジを行うのがiPhone3Gからの流れです。

フルモデルチェンジでは大きなアップデート、例えば本体の大きさが大きくなる、画面の解像度が増えるなどがあります。



それに対していマイナーチェンジでは大きさや解像度が変更になることは少なく、CPUやGPUがアップデートされる程度の場合が多いです。

また、iPhoneのモデルチェンジは6月に行われるアップルの開発者イベントWWDCで発表されることが多く、9月以降に販売となることが多いようです。



そのため、最新機種をいつも買いたいという場合には6月のWWDCの情報を待ってから9月以降の販売に備えればよいです。

逆に安い端末が欲しい場合もこのタイミングは重要です。



各キャリアでは新型を揃えようとしますので旧型は在庫処分が行われることが多いです。ただし、最近のiPhoneはC型が登場しているので型落ちを見つけにくくなっています。

C型はいわゆる型落ち気のリフレッシュ版と言われています。
5Sが登場した際にも45と同等機種が5Cとして登場しています。
安く価格が設定されていることが多いですが、5よりも安くないので注意が必要です。

また、6Plusなどのようにまったくの新しい機種が登場する場合も過去のモデルをそのまま販売することもあるので6月のWWDCの情報をよく見て判断することが大事になりますし、各キャリアのキャンペーンにも注目です。