iPhone6と6Plusの違い

iPhoneはフルモデルチェンジ時にサイズをアップして販売してきました。
しかし、基本的に1モデルもしくは古いタイプのリニューアル版を販売してきましたが、6からはラインナップが増えています。

iPhone6と6Plusは基本性能から違うiPhoneの新型です。6は5シリーズからの順当なアップグレードですが、6Plusは画面がHDになったこともありまったく新しいラインとも言えます。


6と6Plusを選ぶ際には利用するシーンで選べばよいです。



普段持ち歩く、電話をよくかけるなら6が使いやすいです。

6Plusは横幅が広いことから通話は慣れが必要です。


しかし6PlusはHD画質なのでインターネットやアプリを使うのが主体ならとても便利です。



6も6Plusも互換モードが用意されているのでう5S以前用のアプリも問題なく実行できます。
利用するシーンで6と6Plusを選ぶ以外に価格面でもかなりの差があります。


キャリア間の価格が若干異なることもありますが6Plusの価格は6よりも1万円以上高く設定されています。


そのため、予算を考えて6を選ぶ方も少なくないようです。

6と6Plusの最も違うのが画面の解像度です。
6でもHD画質の動画は見ることができますが若干解像度の修正がは入ります。


それにたいして6Plusは完全なHD画質で見ることができます。
またCPUやGPUも画面に合わせて強化されていますが6と6PlusでCPU面で違いを感じる方は少ないようです。